子宮筋腫手術 | 子宮全摘出手術を受けました

手術終了!無事に筋腫摘出されました!

スポンサーリンク

 

手術は静かに進行していきました。
私はいつの間にか眠っていました。

 

「・・・みな子さん。」

 

肩をたたかれて、ようやく目覚めました。
手術が終わったようです。

 

「ほら、とれたよ。」

 

と、私の顔の横に、
トレイに載せた筋腫をもってきてくれました。
でかい赤褐色の肉の塊でした。
あんなものをお腹に入れて
よく普通に生活していたもんです。
そりゃ、しゃがんだりしづらかったわけです。

 

「今、重さを量りますね。」

 

 

しばらく天井を見つめていると、
急に吐き気がしてきました。
何が起こったのかと聞くと、

 

「今、周辺の臓器を洗浄しています。」

 

 

看護師さんが説明すると
同時に森川先生の声がしました。

 

「我慢できないなら、注射を打ちますよ。」

 

 

乗り物酔いと二日酔いがいっぺんに来たような
嘔吐感でした。
私の顔の横にはいつ吐いてもいいように
器が用意され、肩に注射が打たれました。
すると、すぐに吐き気は治まりました。

 

 

ちょうど1時間30分ほどで
手術は終了しました。
ベテラン看護師から、

 

「筋腫は670グラムでしたよ。
後で写真に収めますから、退院のときに記念に
持っていってくださいね。」

 

 

そう言われた直後、
私はストレッチャーに移し替えられて
病室に戻りました。
エレベーターで、夫が私の横に来ました。
何も言えなかったけど、
「大丈夫」と伝えたかったので
ずっと微笑んでいました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>【手術直後】傷口が痛む… | 子宮筋腫手術 次のページへ

 

子宮筋腫手術体験記 トップページへ