子宮筋腫手術 | 手術後は傷口が痛みました

手術直後〜3日後まではとにかく傷が痛みました

スポンサーリンク

 

手術直後、私は術後患者用の
「回復室」というところに運ばれました。
私の入院した病院では、子宮筋腫の術後は
2日目の朝まで回復室で過ごすそうでした。

 

 

この日はひたすら痛みと眠りの間を
行ったり来たりを繰り返していました。
痛いのは我慢しないように言われましたので
痛みを感じるとすぐに鎮痛剤をお願いしました。
鎮痛剤の注射はあまり連続して何本も打てないので
座薬との併用でした。

 

 

そして翌日の「術後1日目」
手術当日とあまり変わらず、
ほとんど眠って過ごしました。
ただ、看護師さんに言われた通り、
ときどき体を横向きにしたり、膝を立てたり、
深呼吸をしたりして
なるべく体を動かすようにしていました。
そのほうが回復が早く、
癒着もしにくいとのことでした。

 

 

点滴は午前と午後に2本ずつで、
この日からは水は飲んでも大丈夫でした。
手術当日は水を飲んではダメで、
氷水で口をゆすぐだけだったので
とてもうれしかったです。
看護師さんが吸い飲みに入れてくれた
あったかい麦茶を少しずつ飲みました。

 

 

そして「術後2日目」の朝からは
いよいよ流動食です。
電動式のベッドを使って体を動かすと、
同じ日に手術した2人の患者さんの姿が見えました。
1人は私と同じ子宮筋腫の手術で、
もう1人は卵巣嚢腫の手術でした。

 

 

彼女たちとは手術前に情報交換をしたり
お互い励ましあったりしていた仲なので、
久しぶりに対面したときは感動的でした。
思わず「お久しぶり!」と言いあいました。
ずっと同じ部屋にいたのに。笑

 

 

別にたいした手術でもないのに
「戦友」のような気持ちになって
お互いの無事を喜びました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>歩く姿はオランウータン! | 子宮筋腫手術 次のページへ

 

子宮筋腫手術体験記 トップページへ