子宮筋腫手術 | 子宮筋腫って何ですか?

子宮筋腫Q&A

スポンサーリンク

 

ここからは、子宮筋腫と言う病気について
私が本やインターネットなどで調べたことを
Q&A形式でご紹介します。

 

ぜひご参考になさってください。

 

 

Q.子宮筋腫ってどんな病気ですか?

 

Q.子宮筋腫ってどんな病気ですか?

 

子宮筋腫とは、
子宮内にできる良性の腫れもののことです。

 

 

「筋肉」に「腫瘍」と書いて「筋腫」ですが、
筋肉のカタマリではなく、筋肉が繊維に変異したもので
専門家の間では「繊維腫」とも言われます。

 

 

筋腫ができる部分は、
95%が子宮体部ですが、
まれに子宮頚部にも発生します。(5%)
大きさは、顕微鏡で見ないとわからないくらい
小さなものから、
数十キロのものもあります。

 

 

3キロくらいの、およそ出産間際の胎児と
同じくらいの大きさでも
普通に生活している人もいます。(私のように…^^;)
体系がスリムな人は、
お腹だけが妊娠したように
ポッコリと大きくなっていることがあります。

 

 

子宮筋腫ができる確率というのは、
30歳以上の女性の20〜40%
35歳以上の女性の40〜50%
月経がある女性の約20%
いろいろなデータがありますが、
いずれにしても

 

「珍しいものではなく、誰にでも出来うるもの」

 

といえるでしょう。

 

子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫れものです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

子宮筋腫手術体験記 トップページへ