子宮筋腫手術 | 子宮筋腫でも妊娠できますか?

Q.子宮筋腫があったら妊娠・出産は無理ですか?

Q.子宮筋腫があったら妊娠・出産はムリでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

子宮筋腫があると妊娠できないのではないか・・・
妊娠しても流産するのではないか・・・
と不安になる人も多いようです。

 

 

たしかに子宮筋腫ができる場所や大きさによっては
妊娠を妨げたり、流産の原因になることもありますが、
「子宮筋腫」=「不妊・流産」と考えるのは正しくありません

 

 

ですから、不妊の原因の一つにはなるかもしれませんが、
必ずしも妊娠出産が無理かといえば、
そうとは限らないのです。
子宮筋腫を抱えながら妊娠・出産する人のほうが
圧倒的に多いのです。

 

 

以上を踏まえたうえで、
子宮筋腫が不妊の原因になる理由を挙げると、

 

@子宮筋腫が大きくなることで子宮全体が肥大し、
 子宮内膜が引き伸ばされて受精卵が着床しにくくなる

 

A子宮内膜の形状を変形させることがあり、
 受精卵の着床をさまたげる

 

B子宮頸管や卵管などを圧迫して精子の通りを悪くする

 

などがあります。

 

 

また、子宮筋腫が流産の原因になる理由としては

 

@子宮筋腫のために血管が圧迫され、着床卵や
 胎盤の成長に必要な栄養分を供給できなくなる

 

Aエストロゲンの影響で子宮筋腫が急激に成長し、
 血液の補給が追い付かなくなって壊死してしまい、
 そこからの痛みをきっかけに子宮が収縮する

 

などが挙げられます。

 

 

しかし、一般的には子宮筋腫は
妊娠が進むにつれて柔らかさを増し
子宮と一体化していくので
筋腫と胎児は共存していくと言われています。

 

子宮筋腫が不妊の原因の一つになることはありますが、妊娠・出産が不可能というわけではありません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

子宮筋腫手術体験記 トップページへ