子宮筋腫手術 | 薬物治療はどんなものですか?

Q.子宮筋腫の薬物治療はどのようなものですか?

Q.子宮筋腫の薬物治療というのはどのようなものですか?

 

スポンサーリンク

 

子宮筋腫の薬物療法としては、
保存療法として、GnRHアゴニストを使用します。
子宮内膜症では使用される、
ダナゾールや中低用量ピルは
使用されることはありません。

 

 

GnRHアゴニストには、
エストロゲンの分泌を抑制する効果があります。
注射剤と点鼻薬があり、
注射剤のほうが効き目が強く、
点鼻薬のほうは穏やかに効いてきます。

 

 

子宮筋腫は主に女性ホルモンの
エストロゲンに影響されて成長していくので、
GnRHアゴニストを使用している間は
子宮筋腫は大きくなりませんし
過多月経も抑えられ、貧血が改善されます。

 

 

ただし、これは「偽閉経療法」といって、
擬似的に閉経の状態を作る治療法なので
のぼせ、ほてり、イライラ、骨粗しょう症などの
更年期のような症状が出てしまいます。

 

 

間接リウマチのような間接症状が出ることもあり、
その場合は使用を中断する必要があります。

 

 

このような副作用に配慮して、
GnRHアゴニストは注射剤、点鼻薬いずれも
使える期間は6か月までと決まっています。
そして、その効果は薬をやめてから
半年くらいしかもちません。

 

 

その後は再び月経がはじまり、
子宮筋腫ももとの大きさに戻ってしまいます。
ですので、またその時には
薬を使い始める必要があります。

 

 

また、閉経間近の場合は手術をせずに
GnRHアゴニストを使用しながら閉経を待つ、
「逃げ込み療法」が行われることもあります。

 

 

ちなみに、GnRHアゴニストを使用している間は
排卵が抑制されるので妊娠しません。

 

子宮筋腫の薬物治療は、保存療法として「GnRHアゴニスト」を使用します。ただし、これは「偽閉経療法」といって、擬似的に閉経の状態を作る治療法で、更年期のような症状が出ます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

子宮筋腫手術体験記 トップページへ